三貴株式会社

アスベスト除去工事

ASBESTOSアスベスト除去工事について

アスベスト除去工事について

アスベストは石綿ともいわれ、空気中に飛散した粉じんは肺がんなどの原因となります。そのため、アスベストの除去処理には細心の注意を払い、確実に飛散を防止する除去方法をとる必要があります。
また、除去作業後も、アスベストを完全に密封して運び出す必要があります。
三貴では、安全で確実な方法を用いアスベストを処理いたします。

アスベスト処理について

アスベストの除去処理を行う前に、壁と床にプラスチックシートを用いて養生します。
シートのつなぎ目や窓などは、ビニールテープでしっかりと目張りし、アスベストが外部に飛散するのを密封して防止します。
アスベスト除去処理作業場内は、減圧装置を用いることで外部から新鮮な空気を入れ、アスベストの粉じんが外部に漏れることを防止します。
作業後は、アスベストの濃度測定を行い、作業が完全に行われたかどうかの調査を行います。

FLOW流れ

アスベスト除去作業
手続き完了後、施工計画書に基づきアスベスト除去工事を行っていきます。

アスベスト除去工事の流れ

施工事例を見る

pagetop